札幌弁護士青野渉が交通事故被害について、詳しく解説します。
青野・広田法律事務所青野・広田法律事務所
弁護士紹介 交通事故被害 資料室 弁護士費用と取扱業務 当事務所が担当した裁判例 HOME
交通事故被害
<<<前の項目> − <交通事故被害目次> − <次の項目>>>
自分のクルマの保険
 自分や自分の家族が歩行中に事故にあった場合、たいていの人は、自分のクルマにかけた保険に請求できるとは思わず、自分のクルマの保険会社には連絡もしないというケースがあります。しかし、それは大きな間違いです。とにかく、家族が事故にあったときは、どんな事故でも、まずは、自分のクルマにかけている保険会社にただちに連絡してください。相手から賠償金を取るのは当然ですが、「自分のクルマの保険も利用できる」ということをよく覚えておいてください。
 現在、自動車保険の中身は複雑化しており、弁護士や保険会社の担当者でも、よく理解していないことがあります。自分の保険証券をよく読んで、どんな保険に加入しているのか、日ごろから確認しておいたほうがよいです。
 主な保険は、以下のとおりです。
無保険車傷害保険
 これは昭和50年代から普及しはじめた保険です。
 自分や自分の家族が交通事故で死亡したり後遺障害が残った場合に、その損害賠償を加害者に請求できることは当然です。しかし、その額は、場合によっては数千万円〜数億円になります。前述のとおり、これだけの金額になると、とても個人で払いきれるものではなく、相手が保険に加入していないと、いくら裁判で勝っても、結局、払ってもらえないことになります。そのような場合に備えて「相手が任意保険に加入していない場合に、自分のクルマの保険会社が、相手の賠償金を立て替えて払ってくれる」という、ありがたい保険です。
 この保険の被保険者は、意外と広範囲になっており、適用されるケースはかなりあります。例えば、札幌在住のAさんの息子のB君が、東京の大学に進学して、東京で一人暮らしをしているときに、歩行中に無保険のクルマにはねられた、というようなケースでもAさんのクルマに無保険車傷害保険がかけられていれば、補償対象となります。自分で「適用にはならないだろう。」と判断せずに、まずは保険会社に連絡をすることです。
人身傷害補償保険
 この保険は「過失割合に関係なく全額を補償する」という触れ込みで、平成10年頃から普及しはじめた保険です。現在では、ほとんどの保険会社の自家用自動車総合保険に標準的に付帯しています。
 交通事故の場合には、通常、過失割合によって賠償額が決まります。例えば、交差点での衝突事故の場合、自分が優先道路であっても、原則として2割の過失相殺がされてしまいます。そうすると、2割部分については、賠償を受けられないことになります。そこで、この保険は、過失割合に関係なく、自分の契約している保険会社が傷害保険として、100%の補償を行うことにしたのです。ですから、加害者の存在しない「自損事故」でも補償されることになります。
 ただし「100%」と言うと、いかにも素晴らしい保険のように聞こえますが、人身傷害保険の支払は、あくまでも保険会社の基準にしたがった保険金しか支払われません。保険会社の基準は、裁判基準よりもかなり安い点には注意が必要です。つまり、加害者が100%悪い事故で、加害者が任意保険に加入しているのであれば、裁判をして加害者から回収したほうが良いわけですから、この保険には、それほど意味はありません。
 しかし、自分にも過失がある場合には、この保険を利用すれば「相手の過失部分は相手に請求し、自分の過失部分は自分の人身傷害保険を使う」という形で利用することで100%の補償が受けられることが多くなります。契約者や家族、別居している子供についても保障され、歩行中の事故にも適用されることが一般的ですので、事故が起きたら、この保険が使えるかどうかよく確認することをお勧めします。
 また、無保険車傷害保険と人身傷害保険は、基本的には重複しては使えません。
 無保険車傷害保険と人身傷害保険は、「賠償責任保険」が中心だった自動車保険に、「傷害保険」という異質の保険を組み合わせた保険商品ですので、非常にややこしい保険です。特に、過失がある場合に、人身傷害保険の保険金をもらった後、足りない部分を加害者に請求する場合の金額の計算や、逆に、加害者に対して裁判で請求した後、過失部分だけを人身傷害保険から保険金を貰う場合の計算などは、かなり複雑なので、弁護士に相談してみてください。
 また、無保険車傷害保険と人身傷害保険は、基本的には重複しては使えません。
 無保険車傷害保険と人身傷害保険は、「賠償責任保険」が中心だった自動車保険に、「傷害保険」という異質の保険を組み合わせた保険商品ですので、非常にややこしい保険です。特に、過失がある場合に、人身傷害保険の保険金をもらった後、足りない部分を加害者に請求する場合の金額の計算や、逆に、加害者に対して裁判で請求した後、過失部分だけを人身傷害保険から保険金を貰う場合の計算などは、かなり複雑なので、弁護士に相談してみてください。
搭乗者傷害保険
 搭乗者傷害保険は、事故にあった場合に、そのクルマに搭乗していた人に定額の保険金が支払われるものです。金額は死亡で1000〜1500万円くらいのタイプが主流ですので、それほど高額ではありませんが、人身傷害保険や無保険車傷害保険とは異なり、加害者から受領する賠償金との調整の必要がないので、被害者にとっては重要な保険です。
その他の保険
 他にも、自損事故保険(相手のいない自損事故の場合に、定額の保険金を支払う。)、他車運転危険補償特約(自分のクルマではない他人のクルマを運転しているときに発生した事故についての賠償責任を負担してくれる保険)、弁護士費用担保特約(弁護士費用の一定部分を支払ってくれる保険)などがあります。せっかく高い保険料を払っているのですから、自分の保険がどういうときに利用できるのか、よく確認しておき、とにかく、事故があったときは、まずは自分のクルマにかけている保険の契約保険会社に電話連絡をしましょう。
前の項目へ 交通被害目次へ 次の項目へ
 このページは2015年1月5日に更新しました。内容に誤りがないように留意しておりますが、万一、誤りにお気づきの方は、こちらにメールしていただければ幸いです。
 また、実際に被害に遭われた方は、お近くの専門家に直接相談してください(相談窓口はこちら)。
Copyright 2007 AONO LAW OFFICE All Rights Reserved.